肥後俵屋 菊池せんべい

18枚入り 販売価格1,080円(税込)
36枚入り 販売価格2,160円(税込)
【特徴】
昔ながらの純手焼きせんべいです。 アーモンドスライスを入れて一枚一枚焼きあげております。
「鷹の羽紋」が目印の菊池せんべい。50年以上も菊池の人に愛されてきた洋風せんべいは、さくっとした食感と優しい甘さが魅力です。
生産者 肥後俵屋
配送便 通常(常温)便
原材料 小麦粉、卵、砂糖、蜂蜜、バター、アーモンド、ごま、膨張剤、(原材料の一部に小麦、牛乳を含む)

mainimage

菊池のロングセラー。三世代にわたるファンも

IMG_1979

固定ファンも多い洋風のおせんべいです

さくっと口の中でとろけるようなおいしさで愛されている「菊池せんべい」。
50年前から菊池で親しまれている洋風のおせんべいです。
小麦粉、はちみつ、バター、卵黄が作り出す優しい甘さに、カリッとしたアーモンドのアクセントが香ばしい菊池せんべいは、三世代にわたってファンというご家族も多く、わざわざ遠方から足を運ぶお客様もいらっしゃるほどです。

試行錯誤の末編み出された技で、丁寧に焼き上げる

IMG_1976

肥後俵屋」の店主の牛﨑義弘さん

「菊池に長く伝わる郷土菓子『松風』に対抗できるような、 洋風のおせんべいを作りたい」。
そんな思いで「菊池せんべい」を開発した店主の牛﨑義弘さん(74)。
バターや卵を入れたせんべいは、生地が柔らかいため、均等に火が通りにくいなど、手焼きするのに高い技術が必要です。
さまざまな試行錯誤を重ねて編み出した独自の手法で、今も一枚一枚手焼きで作られます。

菊池氏に思いを馳せて。今も変わらぬ「鷹の羽紋」が目印

IMG_1962

肥後俵屋。伝統的なお菓子を手作りしています

「菊池せんべい」のシンボルマークと言えば、表面にほどこされた「鷹の羽」の模様。
これは、かつてこの地を治めていた菊池一族の家紋である「鷹の羽」をモチーフとしたもので、歴史好きの方や、ふるさと、菊池から遠く離れて暮らす方々に、ひときわ喜ばれる商品です。
牛﨑さんは「昔と変わらぬおいしさをお楽しみ下さい」と語ります。

商品のご用命は「菊池まるごと市場」まで

https://www.kikuchi-marugoto.jp/