桜の曙

販売価格650円(税込)
【特徴】
落雁の中にしっとりしたあんこが詰まったほろほろの食感の菊池銘菓です。冷凍保存ができますので、いつでもおいしくお召し上がりいただけます。
生産者 合志製菓
規格 桜の曙6個入り
配送便 通常(常温)便
原材料 もち米、砂糖、竹小豆、中双糖、水飴、着色料(ピンク:赤3、赤105、赤106/抹茶:黄4、青1)

mainimage

愛されて90年。味と手法を守り続けて

kb141010_061

「桜の曙」の伝統を受け継ぐ三代目の合志和洋さん

90年以上前から親しまれている菊池の銘菓「桜の曙」は、ほろほろとした落雁粉の中にしっとりしたあんこが詰まった上品な菊池銘菓です。
現在も、三代目である合志和洋さん(53)が伝統の味を引き継ぎ、昔ながらの手法で作り続けています。
しっとりした食感の秘訣は、あんこに水飴を使うこと。
口に入れると、とろけるような落雁とあんこの優しい甘さが広がります。

すべて手作業。季節や天候を見ながら、細やかに調整

kb141010_057

すべては手作業による行程です

「ほろほろの食感を出すために、
今も、昔と同じ方法ですべて手作業で作っています」と語る合志さん。
落雁粉と砂糖を、水あめで湿度を保ちながら混ぜる作業や、ふわっとした食感を保ちながらも、崩れないように白とピンクの市松模様を作る工程など、長年の勘だけが頼りの細かい作業です。
季節や、天候を見ながら配合を調整していく細やかさが、繊細な味わいを生み出します。
kb141010_048

郷愁をそそる昔ながらの桜のパッケージ

kb141010_058

菊池のおみやげに最適です

ピンクの桜が目印のパッケージは、当時のまま。
「なつかしがって下さるお客様が多いので、昔のままにしています。
パッケージで包む時も、お米の糊を使うんですよ」。
ピンクと白の格子がかわいい定番の「桜の曙」に加え、抹茶入りのグリーンの桜の曙もあります。
「冷凍保存が可能ですので、いつでも楽しんでいただけますよ。お茶受けにどうぞ」と、合志さんは語ります。

 

商品のご用命は「菊池まるごと市場」まで

https://www.kikuchi-marugoto.jp/