乾燥ごぼう

無農薬・無化学肥料栽培歴23年

販売価格350円(税別)
【特徴】
20年以上無農薬・無化学肥料でごぼうを栽培している村上さん。びっくりするほど色白、そして柔らかいごぼうが魅力的な有機JASごぼうを乾燥させました。水で戻して味噌汁・きんぴらごぼう・炊き込みご飯に!使いやすくカットされており、水で戻してもシャキシャキとした食感が残っています。
規格  30g
配送便 通常(常温)便
菊池基準 7

菊池市遊蛇口(ゆうじゃく)。
見渡しの良く、風通しの良いこの場所で
有機JASの野菜を作るのは村上活芳(かつよし)さん。
約23年前から作物は無農薬で作っています。
「ちょうど23年ほど前合鴨農法が流行った」
「化学肥料なしで有機肥料を使う方がおいしい作物になると思った」
「ついでで無農薬でやってみようかなと」
そう考えていた時期が重なっただけだと笑顔で話す村上さん。
現在は水田ごぼうの他に合鴨農法で作るお米、玉ねぎなどを生産しています。

名物 菊池水田ごぼう

thumb8昭和40年頃、これまで畑で育てられていた菊池のごぼうは連作障害に悩まされていました。
その対策にと、お米を栽培しない期間に水田でごぼうを栽培したところ色白で柔らかく豊かな香りの今の水田ごぼうができました。
現在ではお米の裏作として菊池地域に広がる水田ごぼう栽培。
寒くなると水田に並ぶ高さ1mほどのビニールハウスが
菊池に冬の訪れを感じさせます。

水田ごぼうには「冬ごぼう」、「春ごぼう」とあり、「冬ごぼう」は香り深く繊維がしっかりしていて煮物によく合います。
「春ごぼう」は、優しい香りと柔らかい肉質が特徴で、水田ごぼうの漬物や炊き込みご飯、九州名物だご汁など、料理方法は多種多様。

1年中、有機JASの水田ごぼうを食卓に

無化学肥料・無農薬栽培で作る村上さんちのごぼうを皮ごと調理しやすい大きさにカットして乾燥させた有機JAS乾燥ごぼう。
水に戻して味噌汁の具材、きんぴらごぼう、炊き込みご飯など調理法はいろいろ!
乾燥したままちょっと味付けしてお菓子感覚でも食べられます。
シャキシャキとしたごぼうの食感がやみつき。
thumb7

商品のご用命は「菊池まるごと市場」まで

https://www.kikuchi-marugoto.jp/